大倉山公園のチューリップ

横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。

大倉山公園のチューリップがきれいに咲いています♪

春を感じるようになって、新しい靴を買う方も多いと思います。

皆様はどこで靴を購入されるのでしょうか?

百貨店、ショッピングセンター、街の中の靴屋さん・・・。
最近は通販で買う方も増えてきているようですね。

どちらで購入するにしても、ご自身で知っておいてほしいことは

靴のサイズ。

あら、知ってるわモチロンとおっしゃる方も多いと思いますが

長さはもちろんですが、大事なのは横幅、ワイズというもののサイズです。


足囲が大事なのは、しつこいくらい言い続けていますが、ここで問題が。

サロンにいらっしゃる方が、よくおっしゃるのは

「店員さんに聞いても、よく分からないみたいで・・・」

靴を買おうと、さぁ靴売り場に出かけました。

色々見て回って、あ。これが良いかなと

デザインも気に入って、試着で履いてみて、つま先の部分を押されて余裕が感じられ、
では、と
5歩10歩歩いてみて・・・。

うーん、痛くはないのだけど、何かきついような合わないような(--)

そうして、もう少し楽な靴はないかしらというと、往々にしておすすめされるのは
EEEだのの足囲の大きな靴。

これだと足が楽ですよー、と勧められるまま履いてみると

確かに履いた時は足が楽。・・・そう履いた時はです。


そうして楽な靴を買ったつもりで、履いて歩いていると

何か足の裏や指がすれるような、痛いようなで足全体が疲れてくる。

で気がつけば足の形が変わっていたり、タコなどに悩まされる日々。

自分の足囲のサイズ以上の靴を履いていると、当然起きてくる現象です。

「でも、靴屋さんがすすめてくれたの」

そうなんですね・・・。

残念ながら靴屋さんでの、そういったことはよくあります。
(もちろん、ちゃんとした知識をお持ちのシューフィッターや店員さんもいらっしゃいます)


よく色々な広告でも、サイズは3Eだから足は楽などと謳っています。

もちろん、自分のサイズが3Eならよいのですが、そうではないDやEの方が
それより大きなサイズを履くのは良くないのです。

3Eや4Eは足囲(ワイズ)のサイズであって、楽な靴の指標ではないのです。

なので、

靴を買う前には、少なくとも自分の足のサイズは知っておいてくださいね。

 

サロンA.Karuku メニュー

 



 

 

で、EEEとかが多いほど足は楽なんだと思い購入。

これって