横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。


ウグイスの鳴き声がやたらと絶好調に聞こえる初夏です。

ウグイスの主な生息場所って笹や竹やぶだそうですね。

大倉山は竹やぶがあちこちにあるので、どうりで居心地良く鳴いているわけです。


サロンに通っていらっしゃる方も、大倉山の居心地の良さに

「引っ越して来ようかしら」と


来てきて、大歓迎ですよー(^0^/

さて、そんな嬉しいことをおっしゃってくださる方。

コース終了後、少したって、またトリートメントに通ってきていただいています。


「ずっと調子が良かったんですけど、足がすっごい疲れているんです、最近特に」

あらあら、ではと、徹底ふくらはぎ揉み解しを入れたトリートメントの後は

「足軽いっ!わー細い、最近はずん胴な脚だったのに、久しぶりに足首が出来ている♪」


以前にコース中から終わるころには、元々のお悩みの足の疲れも改善され、

プラス足が引き締まってきていたのですが・・・?

これだなぁ・・・と、履いていらした靴を見て


「結構この靴履いています?疲れませんか?」

と、ドスを聞かせながら(ウソウソ^^;)たずねると
いやー、何年も前から履いているお気に入りの靴だったので、つい、ねぇ・・・」

お仕事場ではシューズセラピーをした靴、さぁウオーキングだ!という時もセラピーした靴。

が、日常では足の調子も良くなってきたことだし、とお手持ちの靴を履き始めていたということ。


ええ、ええ、分かります、本当気持ち分かるんですよ。

気に入っていたものって、やっぱり靴でも洋服でも愛着はあるし使いたいですよね。

うーん(。。;)でも、


足を疲れさせて崩れさせてしまう構造の靴ってあるんです。


残念ながら、お気に入りがそんな靴だったわけなんです。

せっかく疲れだけでなく脚も引き締まり始めたのに、

これって、もったいないですよぉ。


「本当!今鏡見て反省した。この靴もう捨てちゃう」

まだ履けるものを捨てるなんてと、お叱りを受ける話しかもしれませんが

もったいないとかで、足のトラブルを引き起こしては元も子もない話ですよね。


歩き方も足のトラブルもみーんな靴の影響受けています。


キュッとした足首、高い位置に引きあがっているふくらはぎ、引き締まった脚。

そうして歩いていてつらくない、疲れない、痛くない足。

こんな美しく健康な脚になるには、なにより履いている靴が大事なんです。

 

 

サロンA.Karuku メニュー