横浜 大倉山美脚になるフット・レッグサロンア・カルクです

 

先日テレビのワイドショーでした

歌手の神野美伽さんが足の骨に穴が空いて(!)

手術後のインタビューを受けていらっしゃいました


病名はリスフラン関節症


まだ痛みが取れないと

足を引きずっての姿は痛々しかったです

 

足の裏のアーチが落ちて

関節が崩れて発症する病気です


扁平足や外反母趾が強いとなりやすいです

 

散々足裏のアーチが!と言っていますが

足の崩れって、まぁいいやでほおっておくと

大変なことになりかねないんです(ーー゛)

 

さて、ここで

あなたの足崩れていませんか?

 

実は、足って

崩れはじめると、どんどん崩れていきます!!

こんなにフォローするのも大変!

 

 

 

 

 

 

いきなりのようですが

9割以上の女性が足でお悩みと言われています。


そのお悩みの内容は

足=フットで言えば


外反母趾、内反小趾、浮き指

扁平足、開帳足、角質タコ・・。

 

メジャーな外反母趾や扁平足は分かるけれど

それ以外は何?

というお声も少なくない。

 

でも、こんな名前は知らなくても


何だか足がつらい。

歩くと足が疲れるようになった。


親指だけでなく小指も曲っている

いや小指だけ曲がっている場合だってある。

 

足の指の上が黒ずんでいる

指が丸まるように曲がっている

指と指のすき間がなく、きゅっと詰まっている

 

足の幅が気づけば広がっていた。

足裏や指の周りに角質が・・・。

こういった症状ないですか?

 

このさまざまな状態に名前をつけると

神野美伽さんのリスフラン関節症もしかり

開帳足や浮き指・・・etcなどになります。


この症状を引き起こす主なきっかけが

足裏のアーチの崩れです。

 

これが崩れ始めると

どんどん崩れていくんです。


ほっておくと

足はぐにゃぁっと!・・・となるより

関節や骨にも影響してくるんです

 

かなり困った状態になります。

 

痛い!そして痛いだけでもつらいですが

悪化すると外科的処置にもなりかねません。

(手術ということです(涙)神野さんの例ですね)

 


この崩れの原因に

合わない靴の存在があります。


この足のアーチの崩れは

じん帯がゆるんで

足の筋肉が低下することで起きます。

 

じん帯がゆるむと

元に戻るのはほぼ無理と言われています(涙)

 

そこで

そのフォローを筋肉で補うしかないんです。

 

足の筋力強化で大事なのは

足の指です。

指をしっかり使う必要があります。

 

でも足の崩れの原因でもある

靴がここでも邪魔をしてしまいます。


合わない靴を履いていると

うまく指を使えないんですね。


指を使わないで歩いた結果

じん帯をフォローする筋肉が

使えないどころか、逆に弱ってしまう。


そうなると足はますます崩れて

歩き方にクセがでます。

 

歩きグセは

脚のゆがみや、むくみ、太さ、だるさなど

日々の辛い症状、お悩みを生んでしまう結果に。

 

脚やせや美脚にセッセと励んでも

土台が崩れてると、無駄な努力になりかねない。

 

そうならないためには

崩れた足にはインソールも必要になるんです

 

崩れた足で一生懸命(自覚はなくても)立ったり

歩くと体のどこかに負担がかかってしまいます。

それが脚や体のゆがみ、痛みとなります。

 

美脚になるにも美ボディになるにも

先ずは足を崩れさせないこと!

崩れていたらストップさせることですよ。

 

初回フットカウンセリングで

まずあなたの足と脚

歩き方を詳しくチェックします!

 

美脚になる初回フットカウンセリングの様子はこちら


⇒ご予約は今すぐこちら

 

 

ご予約状況はこちら

サロンメニュー

 

 

 

 

お待ちしています♪