足のお悩み改善して美脚をかなえるサロン ア・カルクです

 

足のお悩みで多いのが

足のむくみ!!

この女性を悩ませるむくみ

季節によってもむくむ理由が違ってたりする

 

さて今は冬、枯れ葉散る季節です

寒い―と言いたいが、なぜか暑い、温かい

異常気象の今年です(>_<)

 

まぁとはいえ、やはり季節は移って冬は冬

緑豊かな大倉山ですから

この時季はサロンの周辺も落ち葉だらけになります

枯れ葉も落ち葉も12月の季語らしいです)

 

待ち行く人の足元もそろそろ冬らしく

ブーツが増えてきています

 

さてこのブーツ、以前足のトラブルに悩まされている人には

意外に足が(フットの部分です)楽な靴とお話ししました

(但しふにゃふにゃしてないタイプのブーツ)と書きました

 

その理由は

足首でホールドされて靴の中で足がすべらない。

だから足の指や足裏が楽♪

(足が前すべりを起こすと、足裏の変形の原因となります)

 

が、この愛すべきブーツが愛せなくなる時・・・、

いやブーツから愛されない時がある


時間でいうと夕方以降に多くなる、その切ない瞬間


朝はすんなり履けたブーツ

仕事場でオフィス用の靴に履き替え、さぁ帰りましょと

再びブーツに足を入れ・・・・・!!

 

キ、キツイ~~!!!


ファスナーが途中までしか上がらない(TT)

なぜ?どうして?不思議・・・とはなりませんよね。


「あーっ、むくんじゃった」

 

そうです

むくみで、ふくらはぎパンパンでブーツが入らない(涙)

 

こういった足のむくみに悩まされるシーン

経験をお持ちの女性、多いと思います

 

はい、冬は足がむくみやすいんです!


では夏は?

はい、夏も足がむくみやすいです


は?何?


これは、同じむくみでも夏と冬では

むくむ理由が違うんです

 

 

 

 


どう違うのかというと、むくみのタイプが違うんです


夏のむくみの主な原因は、

水分のとり過ぎや気温の高さによってリンパに吸収しきれず

皮膚の下に余分な水分がたまってしまう状態になりがち

 

対して冬、これからの季節のむくみは


寒いので

筋肉の働きがスムーズにいかなくなって代謝が悪くなる

⇒代謝が悪いと血の流れが悪くなる

⇒静脈が吸収する血量が少なくなる

⇒吸収されない水分がたまってしまう

 

これが冬のむくみです

 

寒い、その寒さゆえ

冷えが筋肉を固くもし、働きを悪くする

そうしてむくみを呼んでしまうのです


また夏でも、冷房などの冷えによって

冬のタイプのむくみが起こることもあります。

 

結論!!むくみ撃退には

体を冷やさない


スムーズにいかないとはいえ、

筋肉を使うようにして血流を良くする。


夜は暖かいお風呂の中で

ゆっくり足首や指のストレッチをするのもおススメです


そして、ここがポイント

むくみの最大の対策はしっかりふくらはぎの

筋肉(インナーマッスル)を使ってあげること

 

筋肉がよく働くとむくみづらい脚になります

それには普段から効率よく筋肉を使って

ふくらはぎを怠けさせないこと

 

歩くのが大事ってこれなんですね

マッサージやリンパケアでは届かない

ふくらはぎのインナーマッスル

 

これを効率よく歩くことできたえてあげるんです

歩き方でこのインナーマッスルをきたえると

足はむくみづらく、ふくらはぎを細くもしてくれます


足のむくみ解消と美脚へのアプローチ


ふくらはぎを使って歩くと

本当に体がぽかぽかしてきます

 

反対に歩いても歩いても

全然ポカポカしてこないのは

ふくらはぎのインナーマッスルを使って歩いてないから


いくら歩いてもむくみに悩まされるのは

ふくらはぎを使っていない歩き方をしているからのも大きいです

 

お仕事や環境でどうしてもむくんでしまう時は

出来ればケアしてその日のうちに

少しでも解消してくださいね

 

美脚になる初回カウンセリングでさらに詳しくチェックします。

初回フットカウンセリングの様子はこちら

お申込はこちらをクリック

 

最新のご予約状況はこちら

 

サロンA.Karuku メニュー