横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。

12月に入りましたが横浜では、まだ冬の入口といったところで
厳しい寒さは感じられない日々が続いています。
と言いつつも、いきなり寒くなったりするんでしょうね。

さて現在、自然療法の冷えむくみケアコースに通っていただいている方のお悩みのひとつは

腰痛。

もう持病といっていいくらい、ひどい時には夜ベッドに入っても
その痛みに悩まされているということでした。

この腰痛、原因が分からないものも多いというやっかいな代物ですが、

原因として考えられるものに歩き方、歩き癖があります。

こちらの方の歩き方をチェックすると、左右の足の歩き方に違いがあります。

特に右足の方に強い歩き癖がみてとれます。

伺うと、やはり痛むのはいつも右側の腰だということです。

足を踏み出す時に外側に半円を描くようにして足を前に出していらっしゃいます。
歩いていると足は外に大きく倒れています。

「この歩き方だとすねの外側も痛くなりません?」

「そう!痛いんです」

腰の痛みや膝の痛みがあると、どうしてもその痛い部分ばかりに目がいってしまいます。

だけれども、その痛みの原因は姿勢の悪さや歩き方によることも少なくないです。

これから先の方が長い30代になったばかりの、まだまだまだ若いご年齢。
腰痛抱えて、これからウン十年はさすがにつらい。

だけれども若いうちにケアすれば、その結果は早く出ます。

なんたって細胞が若いですから(ううっ、うらやましい)

ケアの前は、長く身についた歩き癖に不安を覚えていらっしゃいましたが
その後のウオーキングレッスンでは中々良い感じに歩き方が出来てきています。

それと共に腰の痛みも和らいできたということ。

自然療法のケアは治療ではないので、ご本人にも頑張っていただきます。
改善への一番の協力者は、ご本人自身です。

私は2番目の協力者としてサポートさせていただきます

 

サロンA.Karuku メニュー