横浜大倉山美脚になるフット・レッグサロン ア・カルクです。

 

さぁ春です。

若干というか寒いという予報もありますが

本格的な春です。

ということで、脚やせ、美脚をスタートさせるにはいい時期ですね。


サロンでお客様の足元を見させていただくと

外反母趾もそうですが、内反小趾の女性って多いんです。

小指の曲がる内反小趾。

(この指の変形、足のくずれが実はあなたの美脚を邪魔しています)


外反も内反もどっちもという場合も当然あります。

なぜ当然?かというと

気になる、その曲がった足の指の下を見てくださいね。


上から見ると

足の幅がなんか広くなっていませんか?

何だか以前より横にひろがった気がする・・・。


そんな気はしても

まぁ、あまり気にしなくてもいいか!

うーん、そうなってしまいがちかも。


が、その裏側に注目すると

親指下から小指下にかけて、タコや角質で厚くなっていたり。


そう、これが開帳足というものです。

指の下の横アーチが落ちてくずれてしまった状態です。

そして、この状態の先に外反母趾や内反小趾があらわれます。


開帳足って指の変形の大いなる原因となります。


なので指が~指が~とお悩みの前に

足の幅が~と気にしていただきたい<(_ _)>

開帳足になってそのままにしておくと進行してしまうんです。

 

これは足のじん帯が伸びて、戻らなくなってしまうんです。

それが脚の形や太さの元凶、ええ大元となって

脚が太い私をつくっていってしまうんです!


進行は指が変形してしまうのもそうですが

足の裏や指などに痛みが出てきたりします。

外反母趾などの指の痛みとはまた違う痛みです。

 

横アーチが崩れてしまったことで

かかることのなかった部分を圧迫してしまい

その部分にある神経にあたってしまって痛くなります。


その部分の神経は足の指に二股にもつながっているので

指の痛みやピリピリした違和感になってあらわれるんです。

歩いていて、ズキッ!!ピリピリ!!


最初は平気でも歩いているうちに痛みが出てくる。feet-179233_640

歩くこともままならないことにも(-“-)

こうなってくると、とても厄介。


そうならない前に予防。

気になるあなた!!

本当に今が大事なんです。


そしてなってしまったら進行をストップさせて少しでも改善。

先ずは、あなたの足を一度じっくりチェックしてみてくださいね。

 

美脚になる初回カウンセリングでさらに詳しくチェックします。

初回フットカウンセリングの様子はこちら

 

 

 

 

最新のご予約状況はこちら

サロンA.Karuku メニュー

 

 

 

お待ちしています♪