横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。 

一昨日の雪すごかったですねぇ。

大雪当日のご予約のお客様は、さすがに電車が止まったら
帰宅に困るかもということから
ご予約変更となりましたが

そのご連絡とほぼ同時に

「大雪だけど当日だけど良いかしら?」
と昨年コース終了のお客様、シューズセラピーでのご来店ご希望。

どうぞどうぞと、外は大雪こんこん。
暖かい室内でまぁったーりと過ごしていただきました。

こちらのお客様も外反母趾などのお悩みの足をお持ちの方。

当サロンにいらっしゃるまでにも、オリジナルインソールをオーダーなさったりと
靴でのご苦労は絶えなかったということでした。

確かに自分の足に合わない靴を履き続けていると足の変形を招いたりします。

足の親指の外反母趾もそのひとつです。

最近ではポピュラーに認知されている外反母趾という症状ですが
さて自分の足が外反母趾かどうかのチェックポイントはというと

親指が小指の方向に曲がっている

かかとから親指の付け根の骨までを直線として、
この付け根の骨から親指の先までの角度が15度以上あれば外反母趾の疑い濃厚です。

親指の付け根にある大きな丸い骨が出っ張っている

出っ張った付け根の骨に痛みやタコ魚の目が出来て、そのトラブルが深刻な場合も。

親指の爪の向きが隣の人差し指と反対の方向に反っている

親指の爪が上を向いていないで、内側(この場合、体を基準とした内側という意味)
に向いている場合は、ことによると巻き爪になってしまうという危険性も。

親指が隣の人差し指と重なっている

こうなってくると、ひどい場合は脱臼して手術ということにもなりかねないです。

外反母趾になると、親指に力が入らないので歩くのにもバランスが悪くなります

歩き方に悩んでウオーキングスクールに通っても、どうにもうまく歩けない場合
外反母趾であることも、その理由として考えられます。
(その原因の関連としての足裏崩れなどもあります)

ご自分の足をチェックしてみていかがでしたか?

鉄は熱いうちに打てじゃあないですが

外反母趾はひどくなる前になんとかしたいものです。

 

サロンA.Karuku メニュー