横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。

縦のアーチが崩れたら→偏平足

では、横のアーチが崩れたら→開帳足

親指の付け根の下と小指の付け根の下を結ぶのが横アーチです。
付け根のところにある骨を支えるじん帯が伸びてしまいアーチが崩れてきます。
原因は合わない靴、筋力の低下そして体重の増加・・・(無言)などなど。
そうして開帳足の出来上り。

偏平足もそうですが、開帳足も見た目が変わっていきます。

横幅が広がる!
もう、この時点で自分の足を見ても決して美しいとは思わなくなってきますね。
気がつけば、幅広・・・。先の細いパンプスが合わなくなる→でも履きたい!→無理に履く→指のトラブル。

えーい!じゃあ大き目のゆったりした靴履けばいいんでしょう!?
ブーッ。不正解。
大きすぎる靴は、より開帳足を悪化させてしまう場合が多いのです

そして、そして気がつけば足裏にもタコ。
アーチが崩れてしまった為、地面につかない部分がつくだけでなく指が浮いてきます。
指が浮くので付け根で歩くようになってしまい、結果その部分にタコができます。この状態が続くと魚の目にもなりかねない。
不自然な歩き方を続けていくと、当然足だけでなく脚、膝、腰、全身に影響がでます。

足の形が崩れてきた。いや、いつの間にかタコが「あらここにも。」

開帳足である可能性大いにありですよ。


サロンA.Karuku メニュー