横浜 大倉山 足トラブル改善して美脚になるア・カルクです。

 

さてさて明日は晴れるかor 雨模様か

雨が降る前、降るのは

低気圧の前線が活発になっている状態ですね。

 

ざっくり言うと

世間的にいうお天気が悪い=晴れていない=低気圧。


低気圧・・・、うーんむくみとは切っても切れない関係ですね。

(できれば、ブチッ!

今後はご縁がなかったということで・・・と関係を断ちたい)


気圧が低くなると、足がむくみます

正確にはカラダ全体がむくみます。

 

システムでいうと、気圧、カラダに対して

外側からの圧が高いと、その圧によって

血流の流れが良くなるのです。

(ホースを抑えると水の勢いが強くなってビューって出るあれです)


反対に、外側からの圧が低いと

血流やリンパが滞りやすくなって、うだうだします


そのうだうだしている間に血菅から水分が漏れ出して

余分な細胞間液として溜まってしまいます。

 

この余分な水分がむくみとなります。

 


 

 

 

 

 

 

体の中の水分の流れがスムーズだと

むくみに悩まされないということですよね


先日、山登りが趣味というお客様に伺ったのですが、

山の上まで行くと、顔がむくみでパンパンになるんだそうです

特に男性に比べると、女性のむくみがハンパないそうです。


女性の方がむくみやすい!

 

統計的にも女性の方が気圧の影響を

受けやすいということらしいんですが

まさに、それですね。

 

男性でもむくみに悩まされる方も

少なくはないと聞きますが

女性と比べると、やはりその数は違います。

 

梅雨のむくみも、この気圧の影響が大きいんです。

 

気圧の変化は、こういう体の中の水分の循環を流れを悪くするほかに

自律神経の乱れも起こします。

 

この自律神経というもの

女性のホルモンバランスと密接に関わってくるものなんです。

 

自律神経の乱れは

ホルモンバランスの乱れにつながっていきます。


バランスが乱れると、カラダや心に様々な不調が起きてきます。

季節性のウツもそうですし美容にとっても大敵です!!

 

皮膚の皮脂バランスや

ターンオーバーにだって関わってくるそう。

ただでさえ、年齢と共に

お肌のターンオーバーのサイクルが遅くなってくるというのに

女性ってホント大変・・・(^_^;)


気圧は、女性のむくみや体調に影響大です。

 

特に脚は心臓から遠く離れている部分

おまけに重力を考えれば

下に下がったものが上に戻っていくって大変

 

その大変な役割を担っているのが

脚の筋肉、特にふくらはぎにある筋肉です

 

この筋肉が少ない、固い、動きが悪い

そうなるとむくみやすい

 

むくみ対策は血流をよくしてあげることです


お天気の悪い時は普段にも増して

ゆったりバスタブにつかって血流を良くしてあげましょう。


また汗をかくのは、自律神経を整えるにも

とても効果的らしいので一石二鳥


また血流をよくする、そのためにも

脚を動かすことがいいです


むくみに悩まされやすいのは

長時間のデスクワーク、そして立ち仕事


共通するのは脚をあまり動かさないこと

なので動かしましょう

動かすのにシンプルな行動は歩くこと!

 

単に歩くよりもむくみを解消する歩き方

ふくらはぎを使った歩き方をすることです

 

美脚になる初回カウンセリングで

あなたの足、靴、歩き方を詳しくチェックします。

 

初回フットカウンセリングの様子はこちら

 

最新のご予約状況はこちら

サロンA.Karuku メニュー

 

ご相談お待ちいたしております♪