横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。       

暖かい日が続くなぁと思っていたら
あらら、もう梅の花が咲いている(*0*)

サロンから歩いてすぐに梅林があるのですが
例年より少し早いような。

来週からまた寒くなるらしいので、頑張ってねと梅にエールを送りつつ
しばしの梅見を楽しみました(^^)

さて、今年はロングブーツは定番としてもショートやハーフブーツが花盛りです。

そうなると気になるのがふくらはぎ。

ロングのブーツよりハーフやショートの方が、当然視線がふくらはぎにいきますよね。
だって脚見えているんですもの。

おまけに、見えているのは足首が隠れて膝までの間の一番ふくらはぎの中で太い部分。

はっきり言って強調されます。

強調されて(TT)か(^^)か・・・?

脚が太いの細いのは女性にとって大きな関心ごとです。
中でも隠しやすい太ももに比べて、ふくらはぎは人目にさらすことが多い場所。

人目につくということは、言い換えれば
太ももが多少太くてもふくらはぎが細ければ脚が細いと認定されやすい。

なのでか、ふくらはぎの太さに悩まれる女性は少なくないです。

脚の太さのお悩みの原因を考えると

むくみ

余分な負担がかかったための筋肉

太り過ぎたための脂肪

これらが考えられます。

ふくらはぎっていうのは、元々あまり脂肪が無い部分なんです。

なので、むくみや筋肉の負荷が主に原因の場合が多いです。

むくみの場合は脂肪が少ないはずのふくらはぎでも、脂肪の塊のセルライトが
しっかりついてしまっていたりします(涙)

むくまないためには、歩いたり運動したりして脚を動かすこと。

またマッサージなどでむくんだ脚をほぐしてあげることも改善につながります。

筋肉で太くなっているのは、足のトラブルや歩き方のクセでふくらはぎに
余分な負荷をかけた場合が考えられます。

なので歩き方を見直すことで改善が考えられるのですが・・・。

この歩き方のクセ、足のトラブルが原因でちゃんと歩けなかったりするんです。

(これはむくみが原因の場合も言えることですが)
なので先ず足のトラブルの症状のケアが大事となってきます。

ふくらはぎの太さの原因は、ふくらはぎだけでなく足裏の影響が大きいです。

原因が分かれば、あとは改善あるのみ!

すらりと引き締まったふくらはぎで、ショートやハーフのブーツを履きこなす日は
そう遠くないですよ♪

 

 サロンA.Karuku メニュー