横浜 大倉山フット・レッグサロンA.Karukuです。

昨日高知では最高気温40度を超えたという酷暑日でした。

さて10日から夏休みさせていただいて、行ってまいりました岐阜県郡上市。
目的は、そう!
郡上踊り&白鳥踊りに参加して踊ること。

徹夜踊りで有名ですが、13日開催前のプレ踊りといった感の参加です。
徹夜踊り時に比べると参加人数もまだまだ地元の方中心で、そう多くはなかったので
かえって、のんびりした雰囲気で楽しめたかなと思います。

こちらの特徴は下駄をタップ的に鳴らして踊ります。
特に白鳥踊りはアップテンポで「白鳥マンボ」とよばれるくらいのノリの良い踊り。

下駄は外反母趾や偏平足にも良いし、ここは当然現地で踊り下駄を買っていざ参加です!
見よう見まねで振りを覚え、何曲か踊ります。

楽しい、楽しい、楽しい!♪・・・、と、・・・よろっ、くねっ

溝に下駄の歯がはまってのバランス崩し。そして翌日からひざ痛発生。
帰宅してすぐに湿布とサポータをして対処していたところ、タイムリーに
新聞に

「ひざ痛人口1800万人」の文字。

なんでも、ひざ痛の持病を持つ人は要介護へのリスクが5.7倍になるそうです。
現在ひざを痛めた身としては、ちょっと怖いデーターです。

その中でも交通機関の事情で、歩く機会の少ない地方の人はリスクが高いという記事でした

ここまで記事を読んで分かるのは、
歩くことが少ないとひざ痛になりやすいということです。

ということは反対に
ひざ痛の予防には歩くということが有効だということです。

ならば積極的に歩けば将来の不安が減るというものです。

ウオーキングの効能は本当に色々あります。
そして同じ歩くなら、足と脚に良い歩き方で歩くほうが
よりリスクの回避となってメリットも大きくなりますよ。

サロンA.Karuku メニュー