横浜 大倉山 足トラブル改善して美脚になるア・カルクです。


今月からコーススタートのお客様のおひとり。

明るくて笑顔が素敵な方です(^^)


ご来店時のお悩みは、足の冷えと股関節の痛み。

初回のカウンセリングで拝見したところ、足そのものが柔らかい

 

こんにゃく足!?


ご本人「あっ、それ言われたことある!」

最近増えてきているといわれるこんにゃく足


どんな足?

例えば甲の途中をつかんで曲げるとふにゃっと曲がる

足の筋肉があまりない、弱い足です。

 

立つと足がふにゃっと広がるので

こんにゃく足=開帳足

と間違われることもあります


開帳足は足の指の下

親指から小指にかけて存在する

横アーチが崩れて本来より見た目に幅広になる足です


こんにゃく足で開帳足の場合もありますが

開帳足=こんにゃく足ではないです

 

触ると固い、ガツンとした

開帳足の場合も多いんです


で、こんにゃく足

こういった足のタイプの方の場合に

難しいのが靴の選び方といわれています。

 

柔らかいので、自分の足のサイズ

特に足囲(ワイズ)が小さいのを

選んでしまうことも多いです。


が、この方の場合は反対に

大きすぎる靴を選んでいらっしゃいました

足の幅だけでなく

ご自分の足の長さより1cm大きいサイズ。

それでも以前はもっと大きな靴も履いていたこともあったとか。


靴下を履くし、とにかく楽な靴が良いと思ってということです。

自分で靴下とかで調整はしていたということですが

こちらの方の足の幅は本来は細いのです。


例えば靴のワイズがDであったとしても

23cmの靴のDと24cmの靴のDでは

足の長さが大きくなるとワイズのサイズが変わってくるんです。

 

当然、長さが大きいほどワイズの値も大きくなってきます。

縦にも長い横にも大きい靴を履いていると

足はどうなるか?

 

靴の中の足は崩れていきます


元々がやわらかいこんにゃく足。

簡単に変形していってしまう(-.-)


やはりチェックすると

足の裏は、横も縦のアーチもくずれて開帳足、偏平足。

指も浮き指、小指が大きく曲がっている内反小趾

そしてやや外反母趾傾向。


拝見するからに様々なトラブルに

悩まされてしまうだろうなぁと・・・。


「靴がぶかぶかで歩いていて、かかと脱げませんか?」

「スニーカーならハイカット、靴はブーツばかり履いているんです」


確かに足首でホールドするものでないと

歩くのが増々つらくなってしまいます。


楽な靴は決してゆったりした靴ではないんです。

なにより先ず

自分の足に合った靴のサイズを選ぶことが大事です。


足のトラブルの多くは履いている靴からきます。

足のトラブルがあれば、立ち方、歩き方にも影響がでます。


脚の形も変わってきます!

むくみにずっと悩まされます

脚も太くなります

冷えや関節の痛みにもつながっていきます。

 

先ずは靴の見直し。

それには自分の足をちゃんと知ること。

自分の足を知らないと、靴選びは間違います。

 

足を知って、靴を選ぶ

そこからが足の改善のスタートです。

今週からお悩み解決目指していきましょうね♪

 

美脚になる初回カウンセリングで

あなたの足、靴、歩き方を詳しくチェックします。

 

初回フットカウンセリングの様子はこちら

 

最新のご予約状況はこちら

サロンア・カルク メニュー

 

ご相談お待ちいたしております♪