横浜 大倉山美脚になるフット・レッグサロンア・カルクです。


毎日曇りだの雨だ晴れだの不安定な空の顔色。

梅雨のこの時季に雨が降らないのも困りものですが、

この中途半端な湿気、ジメジメ。


さぁ皆様、この時季の体調はいかがでしょうか。

私は・・・足がむくみやすくなります。

ここずーっと、あまりむくみというものを感じなかったのですが

PCの前で長く過ごした時など、立ち上がった時に、ん?

やや足のむくみを感じます。


これ、この季節だからともいえます!


むくみって、冬に、夏に、梅雨になるとむくむ人

いやいや年がら年中むくんでるわ!!という方もいらっしゃいますが


私も含め梅雨むくみタイプ多いですねぇ。


では、この梅雨のむくみはというと

雨が多い、気持ち的には、やや内向き、アンニュイな気分になりがちです

体の方も同じく内側が滞りがちになる時季です。


どう滞るのかっていいますと、この時季は気圧の関係もあって

自律神経が乱れるんです。


自律神経が乱れ、副交感神経と交感神経のバランスが崩れると

そこから血流が悪くなってしまいます。


血流が滞ると、余分な水分がたまってしまいます。

そのうえ、雨がザーザー、シトシト、どんよりといった具合なので

空気は湿気っています。


この湿気がくせもの。


汗をじとっとかいても湿度が高いから蒸発しずらい。

そうなると、体の中の熱がうまく発散できなくなって

水分がうまく流れず滞る。


滞る=むくみとなります。


私、ただ今、自律神経が乱れているというわけだったんです。
(アンニュイ気分も影響してる?^_^;)

おまけにこの時期、晴れれば真夏日、それ以外は曇りか雨。

たしかにいつもよりは外を歩く時間がかなり減っている。


まぁ、だからといって、むくんだままにしてはおきたくない。

お風呂タイムとその後にセルフふくらはぎマッサージとむくみ経路の刺激。

これで、かなりすっきり♪


漢方学でいうと、こういった梅雨の不調は

湿邪というそうです。


風邪が風(空気、気温)による症状なので

湿気による余分な邪魔な症状といったところでしょうか。

そして湿邪は体の下に流れるそうです。


まさに湿度は足のむくみをよぶということですね。


だから梅雨っていや!といって嫌っていてもしようがないわけで

お風呂タイムやストレッチを楽しんでいます(^^d


私、足のふくらはぎの筋肉はしっかりついています!

でも、動かさないとこの時期は手ごわいってことです。

(むくみ放置はそのまま足太りにもつながることもあります)


いつもは皆様の足のケアをさせていただいていますが

いつもより少し自分の脚のケアにも力を入れているここ数日です。

 

セルフケアしても、なかなか解消しない(-_-;)

そんなあなたは


ふくらはぎの奥からこり固まっていませんか?


この場合はマッサージなどでほぐすのが効果的です。

 

 

美脚になる初回カウンセリングで

むくみやすいあなたの足と脚

歩き方をさらに詳しくチェックします。


美脚になる初回フットカウンセリングの様子はこちら


フットカウンセリング 15,000円⇒ご予約は今すぐこちら

 

 

 

 

最新のご予約状況はこちら

サロンA.Karuku メニュー

 

 

 

お待ちしています♪