横浜 大倉山美脚になるフット・レッグサロン ア・カルクです

 

かなり以前ネットをみていたら上昇検索キーワードに

かかとブスの単語が!


これ、朝の情報番組でやっていたらしいのですが

かかとがガサガサに荒れて、白くなったり割れたりして

まぁ美しいとはいえない状態の足

 

それを指して、こう名付けて特集を組んだみたいですね

 

特にこれから寒くなってくると

このカカトガサガサ、コチコチ

厚ーい角質に悩まされる女性が増える季節です

 

かかとだろうが、性格だろうがブスという単語は

あまりにインパクトがあるというか・・


「わーっ、私そうだわ、かかとブスだわ!!

全然気にしない、むしろネーミングを面白がっている風な女性もいれば


「いや、・・・かかとがブスですか?・・・そうか・・・」

と、何気に、ちょっと嫌な気持ちになる女性もいると思うんです

 

まぁ、あっけらからんとしようがなにしようが

かかとブスなんてあまり良い呼び名ではないですねぇ


まぁ、情報番組ですからインパクトの次に

ではケア云々になるわけです

そして かかとブスから⇒かかと美人へとね


このかかとガサガサの正体は、皆様ご存知のように


角質です

 


この角質が厚くなって、ガサガサ、コチコチ、時にひび割れとなります。

そうなってしまう環境の大きなものに

刺激

乾燥

この二つがあります。


以前の番組ではかかとブスのタイプとケアの方法や

オリーブオイルがいいなど

取り上げていたらしいです


ケアして、保湿してピカピカのかかとを手に入れましょう!

ということなんですが・・・。


これで、メデタシメデタシとならないところが

ままある、いや結構ある


さぁケアしてピカピカになったかかと。

それが一週間たち、二週間すぎ、だんだんと日が経つと、なんだか・・・。

・・・また、かかとが固くなり始めている!!(*_*;


なぜ?どうして?

保湿だってしているのに!

正しいケアで削り過ぎないようにしているのに?!

 

これね、ガサガサかかとの原因を

特に乾燥にズームアップしているからなんです

 

もちろん、乾燥の影響って大きいです

でもーっ!それだけではない!


もう一つの原因

はい、刺激ですね


もし、保湿ケアしてもガサガサがよくならないあなた

刺激によって角質が厚くなってしまっています

 

かかとの刺激で大きいものといえば、

歩き方、立ち方です


バランスよい
姿勢で立っていないと

かかとに過度に体重がかかってしまいます


その姿勢で歩いたり、走ったりしていたら

より一層かかとに刺激を与えます

 

 

 

 

じゃぁ、なんでバランスよく立てないか

バランスよく立っているつもり

姿勢いいって言われるのにかかとはガサガサよー<(`^´)>

 

はい、そんなあなたの足チェックしてみてください


扁平足や脚の幅が広がっていたり

足の指が曲がっていませんか?

足の裏の指の下にタコや魚の目ないですか?

 

ピンポーン!当たった

そう、そんなあなたは

足の指が使えてないと思われます

 

浮き指とも言われてる状態の足の指


足の指が浮いてると

しっかり立てない、そして歩いても

指の手前で歩行がストップしてしまう

 

重心は過度に後ろに

当然かかとに圧力がかかり過ぎる

 

その結果、かかとの角質が厚くなって、

ガチガチのかかとになってしまうのです

 


何度も繰り返し削っても、保湿しても

かかとガチガチから解放されない場合は

足をそして足の指の状態をチェックしてみてください

 

重心がかかとにかかり過ぎると

脚の太さにもつながります

 

美脚のためにも、かかとのためにも

足の指はちゃんと使って使いましょう♪

 

美脚になる初回カウンセリングで

あなたの足、靴、歩き方をさらに詳しくチェックします


美脚になる初回フットカウンセリングの様子はこちら


フットカウンセリング 15,000円⇒ご予約は今すぐこちら

 

 

 

 

最新のご予約状況はこちら

サロンA.Karuku メニュー

 

 

 

お待ちしています♪