私たちの体を支えてくれる大事な足、脚。そんな足と脚のトラブルに悩む女性のためのサロン。横浜,大倉山にて1日3組限定, 完全予約制。

足のお悩み

  • HOME »
  • 足のお悩み

自然療法フットケアによって根本的な改善をめざす~

外反母趾

足の親指がくの字に曲がった状態
これは足裏の前足部横のアーチがくずれて、そこに合わない靴やハイヒール、歩き癖などにより、関節が
外側に押し出されて変形をおこしてしまったもの。
小指側が曲がったものは内反小趾とよばれます。

タコ・魚の目

特定の部位に摩擦や圧力など過度の負荷がかかると皮膚が頑張って防御しようとします。
そうすると、皮膚が厚くなって皮膚の角質化が起こります。
そしてその角質がもっと硬くガンコな状態になると「タコ」、さらに圧力がかかり続けて角質層の下に「芯」が
できたものが「魚の目」とよばれるものです。

О脚

原因は立ち方、座り方、足の組み方、歩き方などさまざまな日常の習慣によります。そうすると、からだの
外側の筋肉や関節に対する重力の負担が内側よりも大きくなります。
そうした積み重ねにより脚が外側に湾曲してしまった状態がO脚といわれるものです。骨が曲がっている
というより、筋肉のつき方や関節の変形によるものです。

原因の習慣の根本は足の裏に起因します。

足のむくみ

ふくらはぎは足の主要な血流ポンプです。足が第二の心臓とよばれるのは、このポンプが心臓に血液を戻してくれるからです。 足をあまり動かさなかったり、ずっと同じ姿勢でいたりすると、ふくらはぎが硬くなり血流が悪くなり余分な水分が「むくみ」として足に滞ってしまうのです。
また、血流が悪くなると「細胞の代謝」が不活発になって冷えの症状を引き起こしてしまいます。

足やせ

足が太くなるのはむくみが関係しています。まず、むくみの余分な水分による水太りが起こります。
次に「むくみ」が皮下脂肪を育てて「脂肪太り」になり、さらに「脂肪が結合してセルライト」へと進化するのです。
むくみの原因はふくらはぎの筋肉のポンプ機能の低下で起こります。
そして足の裏の崩れ、歩き方が足をどんどんむくませ太くしていきます。

むくみを流す⇒足やせは一時的なものでしかありません。
むくみを流す、ほぐす→ふくらはぎの筋肉を使う、働かせる⇒足やせ・美脚になります。

靴・歩き方

足の悩み足に合う靴がない。靴を履いて歩くだけで疲れる。サイズの合う靴がない。歩き方が変。
原因として考えられるのは、靴自体の構造によるもの。
自分の足のサイズと合わない靴を履いている(特に足囲)。
足自体のトラブルによるもの等。
また反対に構造の悪い靴を履くことによって足のトラブルもひきおこします。

歩き方が変といわれるのはトラブルを持った足と、悪い構造、合わない靴の結果です。そういった靴を履くことにより歩き方が不安定となり、さらには足の症状を悪化させ足の太さ,むくみ、ゆがみにつながります。

土台が崩れると姿勢のバランスが崩れ、足の太さ、足のゆがみをよびます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2079-0660 月曜~土曜 10時~21時(最終受付19時)
日曜・祭日 10時~20時(最終受付18時)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ア・カルク All Rights Reserved.